もめん弥

栃木県

株式会社もめん弥

もめん弥

米菓を扱う「がんこ職人」や「あられや源兵ヱ」をはじめ、和・洋菓子のブランドを多数展開するグループ企業

当社は「食と自然を通して、社会の幸せに貢献する」ことを経営理念に、おかきやあられなど各種米菓や和・洋菓子など幅広く手掛けているグループです。当社のブランドは関東圏を中心に展開しており、特にご年配の方からお引き立て頂いております。いずれの商品にしても「安全・安心」を第一に、心と笑顔のサービスをご提供しております。

企業名
株式会社もめん弥
創業
-
ブランド名
もめん弥
メーカー所在地
栃木県
HP
https://momenya.co.jp/
SNS
  • facebook
  • instagram
  • twitter

イチオシ商品

ポチの家

表情豊かな犬のかたちの餡が入った焼き菓子

中身が黄身餡の「ぼくポチ」と、そのお友達のチョコ餡入り「おらくろ」。それぞれ5種類の表情が付いています。どの顔が届くのかは開けてみてのお楽しみ。見ているだけで心が和み、食べればさらにほっこり和む。そんなお菓子のわんこが、あなたのお茶の時間にそっと寄り添います。ちょっとしたお祝いやプチギフトにも最適です。

point

Point

こだわりのポイント

職人のこだわりが磨き上げた味をより多くの方にお伝えするために

もめん弥の看板ブランド「がんこ職人」の米菓は、あえて素材の産地を特定していません。原料となるお米は収穫する年の気候で水分量が変わるため、最適なお米を見極める職人の腕が問われます。最高のものを作るために職人たちがこらす創意工夫こそ、私たちの商品の要といえるでしょう。他ブランドの和菓子や洋菓子についても同様に、匠の技が生み出すおいしさを皆様にお届けすべく、当社のスタッフ一同、力を尽くて参ります。

「がんこ」な社員一同による、喜びと感動をご提供できる商品創り

当社は元々、菓子卸業の会社「有限会社タムラヤ寿」として1976年に商いを始めました。翌年には卸部門を廃止し、米菓の製造・販売をスタート。同年には、今や百貨店ブランドとして知られる米菓の商標「がんこ職人」の出願も行いました。和菓子部門を手掛けるようになったのは、創業から10年経った1986年のことです。現在の栃木市西方町に工房を移転し、和菓子店「もめん弥本店」をオープン。1989年には社名を「有限会社もめん弥」と改めました。
現在では幅広い商品を展開しておりますが、おかきやあられ、お煎餅のブランド「がんこ職人」が最もよく知られているブランドでしょう。がんことは、“こだわり”や“一徹”“強い意志”を表す言葉です。技と誇りをかけ、丹精を込めてお菓子を作る職人たちの想いを、その美味しさとともにお客様に伝えていきたい。私たちは「がんこ」な志をもって、お客様に喜びと感動をお届けできる商品を創り続けていく所存です。

Chef, Artisan

シェフ・職人について

渡邊勇二

渡邊勇二

県外にもファンが多く、昔から愛され続ける商品の多い和菓子部門

当店で最も知名度のあるブランドは米菓の「がんこ職人」ですが、和菓子部門にも昭和の時代から皆様に愛されてきた商品が多数ございます。なかでも黄身餡入りの焼き菓子「ぼくポチシリーズ」は、ロングセラーとしてお子様からご年配の方まで好評いただく一品。その愛らしい見た目から、SNSで取り上げられることも多く、県外の皆様にも知られるお菓子となりました。ほっこりと甘味で和むひとときをぜひお楽しみ頂ければと思います。

About

1960年生。和菓子職人歴43年のベテラン職人

このメーカーの他の商品

この商品に興味ある人はこんな商品を見ています

CONTACTお問い合わせ

月~金 9:00~17:00(土日を除く)

close-icon