本家尾張屋

京都府

株式会社本家尾張屋

本家尾張屋

菓子屋と蕎麦屋2つの支柱を持つ老舗「株式会社本家尾張屋」

「株式会社本家尾張屋」の始まりは室町時代にまで遡ります。尾張で菓子屋を商っていた初代当主。京都の公家の方が招き寄せてくださったのがきっかけで、京都に根差して菓子屋を営むようになりました。現在では、菓子屋と蕎麦屋二つの顔を持ち、京都の歴史と共に変化しながら寄り添う真心込めたものづくりを心がける会社です。

企業名
株式会社本家尾張屋
創業
-
ブランド名
本家尾張屋
メーカー所在地
京都府
HP
https://honke-owariya.co.jp/
SNS
  • facebook
point

Point

こだわりのポイント

550年以上にわたって守り続けてきた歴史と味

550年以上続く歴史と味は、現在16代まで続く当主や職人たちによって、守り受け継がれてきたもの。戦をしていた時代から未曾有のウイルスが猛威をふるう現代まで、先代当主たちそれぞれが歴史を紡ぐ努力は計り知れません。そんな当主たちが紡いできた歴史、代変わりしても愛していただけるような味が尾張屋の誇りです。

代表銘菓を生み出し続けるチャレンジ精神

多くのお客様から愛され、尾張屋の代表銘菓となっている「そば餅」は、13代当主が開発したお菓子です。その後も14代目が「蕎麦板」、15代目が「そばわらび餅」とそれぞれの当主が代表銘菓を生み出し続けています。

現在の16代当主も、後世に継がれるような代表銘菓を作り上げるために日々試行錯誤中。歴史に甘んじることなく挑戦し続けることで、この先もお客様に愛していただける菓子屋を目指しています。

Chef, Artisan

シェフ・職人について

福田 大輔(ふくだ だいすけ、入社7年)

福田 大輔(ふくだ だいすけ、入社7年)

試練があるからこそ、思い通りの商品が完成した時の喜びはひとしお

「生菓子を作りたい」という想いが、職人を志すきっかけでした。実際に職人の道を進む中で、生菓子だけでない菓子の魅力に触れ、尾張屋に入社。先代当主から受け継がれる味と製法は、決して簡単なものではなく、日々変わる天候や湿度などに適応できる力や目がなければ、納得いく商品は作れません。しかし、そんな苦労があるからこそ、思い通りに作れた時の喜びは大きいものです。

About

前職から和菓子屋で菓子の製造を経験。培った技術とノウハウを活かし、さらなる飛躍を求め「株式会社本家尾張屋」に入社。現在では、代表銘菓「そば板」を中心に様々な菓子の製造を手がけている。

このメーカーの他の商品

この商品に興味ある人はこんな商品を見ています

CONTACTお問い合わせ

月~金 9:00~17:00(土日を除く)

close-icon