菓舗だいふく

福岡県

大福商事株式会社

菓舗だいふく

大正15年創業、大牟田市で和洋菓子やパンの製造販売やレストラン経営を行う「大福商事株式会社」

大福商事は大正時代にリヤカーでだいふく餅を売り歩いたことをきっかけに、現在のブランドである〈菓舗だいふく〉を創業し、95年目を迎えます。現在は和菓子・洋菓子の製造をはじめ、レストラン業も展開。福岡県の学校給食パン指定工場としてパンの製造にも力を入れています。

企業名
大福商事株式会社
創業
-
ブランド名
菓舗だいふく
メーカー所在地
福岡県
HP
https://daifuku-sweets.com/
SNS
  • facebook
  • instagram
point

Point

こだわりのポイント

「いつも一番いいものを」をモットーにした菓子ブランド〈菓舗だいふく〉

〈菓舗だいふく〉は和洋菓子のブランドです。〈かすてーら饅頭〉を看板商品に天草晩柑(あまくさばんかん)と呼ばれる柑橘類を使ったマドレーヌ、昔ながらのシュークリームなど幅広い商品をラインナップ。パン製造の実績を生かしたメロンパンも幅広い年齢層に愛される人気商品です。九州地区の果物を使用したり、大牟田の地や歴史を大切にした商品づくりを心掛けています。

大牟田発祥の菓子、かすてら饅頭が市場でヒット商品となる

カステラ生地で白あんを包んだカステラ饅頭は大牟田発祥の素朴なお菓子。既に名物菓子のジャンルとして確立しており、九州の菓子メーカー各社が独自の味を追求した商品を開発・販売しています。炭鉱の街・大牟田では、炭鉱で働く人々が疲れを癒すために甘い菓子を好んだことからカステラ饅頭が生まれたと言われています。このカステラ饅頭市場における〈菓舗だいふく〉の商品が〈かすてーら饅頭〉です。幅広い年齢層に愛され続けているロングセラー商品です。

Chef, Artisan

シェフ・職人について

執行役員 江戸 久美子(えど くみこ)

執行役員 江戸 久美子(えど くみこ)

大牟田発全国へ。〈菓舗だいふく〉の菓子を多くの人に届けたい

大福商事は大牟田のお客様に育てられた会社です。世界に通用する食品規格コーデックスHACCP(ハサップ)も取得し、安心・安全に食品を提供できる体制を整備。将来は全国へ菓子を販売し、地元大牟田に恩返しをしていきたいと思います。社員は約50名、20代から70代の幅広い年齢層の社員が活躍しています。製造部門は20代後半の社員が多く、新商品の開発も担当。これからも全国のお客様に喜んでいただけるような菓子を開発していきたいです。

About

1979年 宮崎県に生まれる
高校生の頃に大牟田市に引っ越し、福岡のIT系専門学校を卒業。2002年に大福商事に入社。2015年執行役員に就任。
営業、総務の統括、品質管理の責任者、レストラン業務など、幅広い業務をこなす。特に営業活動において九州地区はもちろん、全国を飛び回り、販路拡大に取り組む。夫は代表取締役・江戸健二郎氏。

このメーカーの他の商品

この商品に興味ある人はこんな商品を見ています

CONTACTお問い合わせ

月~金 9:00~17:00(土日を除く)

close-icon