ブランカ

三重県

株式会社ブランカ

ブランカ

鳥羽市で創業。素材の持ち味を生かした洋菓子を伊勢や津などで展開

1978年、三重県鳥羽市で創業。素材の持つ味を大切に、添加物などを使用しない菓子づくりの姿勢を大切にしているメーカーです。伊勢市や津市などに工場や直営店舗を持ち、地域のお客様や観光のお客様に愛される菓子を提供。看板となる菓子〈シェル・レーヌ〉をはじめ、焼き菓子に特に力を入れています。

企業名
株式会社ブランカ
創業
-
ブランド名
ブランカ
メーカー所在地
三重県
HP
https://www.blanca.co.jp/index.html
SNS
  • facebook
  • instagram

イチオシ商品

シェル・レーヌ ミニ

真珠から採った天然のカルシウムが入った焼き菓子〈シェル・レーヌ ミニ プレーン〉

外側がサクッ、中はしっとりとした焼き菓子。北海道産のバターや鳥羽産の卵、三重県産の小麦粉〈アヤヒカリ〉を使用。素材に妥協せず、ていねいにつくった焼き菓子は風味も食感も極上。鳥羽市で採れた真珠でつくられたパールシェルカルシウムが入っているのが大きな特徴です。ミニサイズの10個入り。

point

Point

こだわりのポイント

素材の良さが伝わってくる、ていねいにつくられた焼き菓子

生菓子も製造販売していますが、特に焼き菓子が人気です。最も人気の高い商品が、しっとりとした食感が自慢の〈シェル・レーヌ〉。素朴ながらスライスアーモンドのトッピングがアクセントになった〈ロンド・カシュカシュ〉。さらに兵庫県神戸市の老舗製菓店〈当時・フロインド製菓〉直伝のレシピによるバウムクーヘンなど、焼き菓子の王道とも言うべき商品を誠実に製造。長く愛されている商品ばかりです。

菓子店創業のきっかけは、創業者が修業先を間違えたために起こった

ブランカ創業のきっかけは少しユニーク。創業者である、現社長の先代が手に職をつけるため、どのようなものをつくれば、食べていけるのだろうかと思案。「そうだ。鳥羽にはパン屋さんが少ないなあ。美味しいパンをつくる店を開けば、長く仕事ができるかも」と思いつき、早速有名なパン屋を探し、修業へ。ところが、いざ仕事をしてみると、なんとパン屋ではなく、そこはケーキ屋。そのまま修業を続けたため、現在のブランカがあります。
焼き菓子は使用する素材の良さや味がストレートに伝わってくる菓子です。そのため、素材選びには特に留意しています。バターは北海道産、卵や小麦粉は三重県産を使用し、良質な素材でつくっています。添加物などを使用せず、身体にもやさしいお菓子を心掛けています。

Chef, Artisan

シェフ・職人について

製造部門主任 家田 慶太(いえだ けいた)

製造部門主任 家田 慶太(いえだ けいた)

良い材料を使い、レシピを守ることで、安定した味を提供

ブランカの菓子製造の基本は、良い材料を使い、きちんとレシピを守ること。ブランカの菓子はやさしい味わいのものが多く、価格も買いやすいものに設定されています。この品質と味で、この価格の菓子はなかなかないと自信を持っています。だからこそ、多くの人に喜んでいただき、「美味しい」と言っていただけるものをつくり続けたい。季節の変化によって材料の配合も調整しますが、これは経験がものをいいます。これからも誠実に菓子づくりに向き合っていきたいと思います。

About

鳥羽市出身。36歳。「ものづくりがしたい」思いを抱き、地元企業であるブランカに入社。イチからお菓子の製造を学ぶ。工場の製造スタッフが仕事をしやすく、ミスのないように製造体制を整えることに留意。常にお客様に喜んでいただける菓子づくりと、いつ買っても変わらない味を提供するため、季節や温度の変化には特に敏感。ブランカの味と品質を守る要のような存在。

このメーカーの他の商品

この商品に興味ある人はこんな商品を見ています

CONTACTお問い合わせ

月~金 9:00~17:00(土日を除く)

close-icon