宇佐美煎餅店

山形県

有限会社宇佐美煎餅店

宇佐美煎餅店

400年続く和の駄菓子文化を未来へ…郷土の味を受け継ぐ「宇佐美煎餅店」

1949年(昭和24年)の創業時より、山形・庄内地方に古くより伝わる駄菓子の製造を手がけてきた「宇佐美煎餅店」。山形の名産品として名を馳せる「まるやまからから煎餅」は、全国各地の有名百貨店・アンテナショップ・JR地産品ショップ等でも販売されるなど多くのお客様にご愛顧いただいています。

企業名
有限会社宇佐美煎餅店
創業
-
ブランド名
宇佐美煎餅店
メーカー所在地
山形県
HP
https://karakara.co.jp/
SNS
  • facebook
  • instagram
point

Point

こだわりのポイント

江戸時代に生まれた"からから煎餅"を今に伝える、文化継承の心

私たちが位置するのは、1622年(元和8年)酒井忠次の孫・忠勝が入部してから城下町として発展してきた山形県鶴岡市。酒井家のお嬢様が甘いものを好まれたことから、庄内地方では当時より数多くの駄菓子が製造されてきました。時代の移り変わりとともに郷土菓子の文化が先細りの傾向にある中、今から40年ほど前に創業者が”からから煎餅”の名を今に残そうと再現し始めました。

日本のお菓子文化を代表する「黒糖」の素朴で懐かしい味わい

老若男女のお客様に安心してお召し上がりいただける商品を作るため、沖縄県県産の高品質な黒糖を100%使用して仕上げている「まるやまからから煎餅」。昔は高価だった上白糖の代わりとして採用された黒糖ですが、今では日本最西端の地・与那国島で採れた黒糖は大変貴重で高価なものに。素朴で懐かしい一方で、黒糖らしい深みのある甘さが口いっぱいに広がる様子をぜひご堪能ください。

Chef, Artisan

シェフ・職人について

宇佐美 智穂(うさみ ちほ)

宇佐美 智穂(うさみ ちほ)

さくらんぼと並ぶ郷土の名産品として…庄内地方の文化を全国に広めたい

煎餅を割って玩具を取り出すその瞬間にはついつい童心に返るような楽しさがあるもの。加えて、新たな生活様式が広まる近頃のライフスタイルにも合致しているのが「まるやまからから煎餅」の魅力です。ご家族・ご友人同士でこの「まるやまからから煎餅」を囲んで昔を懐かしみながらお召し上がりいただけるように期待を込めて、今後も真心を込めた製造を続けてまいります。いずれは山形県を代表する名産品へと成長して、さくらんぼと肩を並べるほどの知名度を獲得できるよう全国へのPRにも力を注いでいく予定です。

About

▼1949年、創業者である母方祖父が創業
▼1983年、「まるやまからから煎餅」の製造を開始
▼2002年、「まるやまからから煎餅」が第24回全国菓子大博覧会にて名誉総裁賞を受賞

このメーカーの他の商品

この商品に興味ある人はこんな商品を見ています

CONTACTお問い合わせ

月~金 9:00~17:00(土日を除く)

close-icon