果実工房

岡山県

株式会社果実工房

果実工房

岡山生まれの果物を活用し、女性の美と健康に役立つ商品を作るスイーツメーカー

日本を代表する果物王国・岡山県で大切に育てられた贈答用フルーツのB級品を使い、女性の美容や健康に役立つスイーツの数々を作っています。果実工房が目指しているのは「フードロス問題を改善し、日本の農業をもっと元気にできる新たなフルーツ需要を創り出すこと」。私どものスイーツがお客様と農業者の橋渡しとなれば幸いです。

企業名
株式会社果実工房
創業
2011年
ブランド名
果実工房
メーカー所在地
岡山県
HP
https://www.kajitsukobo.co.jp/
SNS
  • facebook
  • instagram
  • twitter

イチオシ商品

フルーツコラーゲンゼリー

岡山の高級果実3種を使用した「プレミアムフルーツコラーゲンゼリー 岡山5本3種セット」

岡山県を代表する高級フルーツである「岡山白桃」「マスカットオブアレキサンドリア」「ニューピオーネ」の3種を贅沢に用い、女性の美肌を助けるフィッシュコラーゲンペプチドを配合したスティックゼリーです。果実を30%も使うことで、コラーゲンゼリーにありがちな不自然な味や独特の臭いを感じさせないスイーツに仕上がりました。

point

Point

こだわりのポイント

すべての人が生きやすい社会の共創を目指した未来志向のプロジェクト

当社では、2020年からはSDGsの目標8「働きがいも経済成長も」を体現する活動の一環としてパートナー企業や事業所とともに「Heart for Art」プロジェクトを開始いたしました。フルーツコラーゲンゼリーや国産果実のグミなどの商品にて、障がい者アートを取り入れたパッケージを展開。さまざまな商品のご提供を通じて、次の世代が描く未来がよりよいものになるように、果実工房は今後も社会貢献の取り組みを続けてまいります。

国産フルーツの新たな需要を見出し、日本の農業と食の未来に貢献する

果実工房は、日本社会の「農業」と「食」の問題と向き合うところから始まりました。食料自給率の低さが指摘される一方で、お弁当や加工品の食料廃棄率は年々増加しています。農業の現場を見れば、収入の不安定さや後継者不足など、多くの農家の悩みは尽きません。そんな状況だからこそ、私どもは果物王国として有名な岡山の土地柄を活かし、新たなフルーツ需要を生み出すことで、農業を活性化させたいと考えました。そんな思いで出来上がったのが、女性の美と健康に着目したフルーツコラーゲンゼリーなどの商品です。果実工房では、独自の農法で高い栄養価を実現している野菜や希少性に富むフルーツを使い、農家の方々の知恵や工夫をお借りすることで、その真価を最大限に引き出した商品を作っています。「もっと楽しくもっとおいしく」をテーマに、お客様に感動をお届けし、最終的には農業者との架け橋となる、そんな商品開発にこれからも挑み続けます。

Chef, Artisan

シェフ・職人について

岩谷 保子(いわたに やすこ)

岩谷 保子(いわたに やすこ)

おいしさと機能性のバランスを保つ配合と日々の繊細な調整作業

果実工房の代表作の一つ「コラーゲンゼリー」はゼリーのおいしさを保ちつつ、良質なフィッシュコラーゲンペプチドを配合する塩梅が難しい商品です。コラーゲンを入れすぎるとゼリーが固まりにくくなり、また独特の臭みが出てしまいます。また、気温などの条件でゼリーを充填・包装する製造工程にも影響が出るため、機械の調整をこまめに行う必要があります。神経を使う作業も多く大変ですが、お客様の笑顔のために日々の製造に励んでいます。

About

3人の子どもを持つママであり、子育てが落ち着いた頃合いに果実工房奈義工場での勤務を始める。もともと製造の仕事が好きで、さまざまな製造業に携わった経験がある。4年の勤務を経て、工場長に就任。お客様が喜ぶ姿を思い描きながら、今日も商品づくりに励んでいる。

このメーカーの他の商品

この商品に興味ある人はこんな商品を見ています

CONTACTお問い合わせ

月~金 9:00~17:00(土日を除く)

close-icon