美十

京都府

株式会社美十

美十

「京都銘菓 おたべ」や「洋菓子 京ばあむ」を始めとした歴史ある菓子メーカー

株式会社美十の歴史は、1938年(昭和13年)に純喫茶を開店したことから始まりました。その後八ッ橋メーカーとなり、今や美十の代名詞とも言える「京都銘菓 おたべ」が誕生。2011年には「チョコハッ橋」がモンドセレクション5年連続特別金賞を受賞するなど、今もたくさんの種類のお菓子が多くのお客様に愛され続けています。

企業名
株式会社美十
創業
-
ブランド名
美十
メーカー所在地
京都府
HP
http://www.bijuu.co.jp/index.html
SNS
  • facebook

イチオシ商品

おたべ にっき・抹茶詰め合わせ

進化を繰り返して今の「京都銘菓 おたべ」があります

元々は八ッ橋が主流でしたが、「焼き上げる前のもっちりとした生地とあんを合わせると美味しいのではないか」というアイデアから、1966年に今のつぶあん入り生八つ橋「おたべ」が誕生しました。

point

Point

こだわりのポイント

お土産菓子から生菓子、焼菓子、洋菓子まで。幅広いラインナップが強みの企業です

美十で作っているお菓子の種類は、全部で100種類以上。それに加えて季節ごとの限定商品なども製造・販売しています。ラインナップも豊富で、つぶあん入り生八つ橋「おたべ」以外にも「京ばあむ」、「大阪さくさくワッフル」、「東京さくさくパイ」など、ジャンルに囚われることなく幅広いお菓子を展開しています。

常に新しいことにチャレンジし続ける。その姿勢が新商品や新事業に繋がっています

従来私たちはずっと「おたべ」をメインに菓子製造をしてきましたが、2008年に新しく「京ばあむ」を販売。これまでの商品路線とは以て異なり、京ばあむの製造・販売は私たちにとっても大きなチャレンジとなりましたが、今では美十を代表する土産菓子のひとつになっています。また2021年現在は、高級食パンやクロワッサンなどのベーカリー事業にも新しく挑戦中。これまでのノウハウを活かして、美十は時代とともに変化し続けます。

Chef, Artisan

シェフ・職人について

島本 崇弘(しまもと たかひろ)

島本 崇弘(しまもと たかひろ)

お菓子は人を幸せにする。美十の商品もお客様にとってそうでありたい

「おいしさをはこび よろこびを創る」 美十はこの理念を胸に、日々菓子製造や販売を行っています。元々食べることが好きだった私ですが「食品の中でもお菓子は特に人を幸せにする要素が強く、そんな仕事に携わりたい」と思ったことが入社のキッカケでした。入社後は10年以上ここで菓子製造に携わってきましたが、いつも『美味しさ・安全・安心』を考えながら取り組んできました。製造を離れた今も、美十のお菓子が1人でも多くのお客様を笑顔にするものであって欲しいと考えています。

About

2002年に入社後、約13年以上おたべや京ばあむなどの商品製造に携わる。現在は、株式会社美十の商品全般の販売促進・企画などを行っている。

この商品に興味ある人はこんな商品を見ています

CONTACTお問い合わせ

月~金 9:00~17:00(土日を除く)

close-icon