有限会社平治煎餅本店

三重県津市を代表する銘菓「平治煎餅」を長く守り続けてきた老舗。

三重県津市の銘菓「平治煎餅」をお届けしている、有限会社平治煎餅本店。
津市のお土産であり、孝子平治の物語に由来する平治煎餅は、素朴で優しい味わいで根強い人気を誇ります。
平治煎餅のほかにも、「平治最中」や「お好み煎餅」、「平治のワッフル」や季節限定の「福引き煎餅」など、和洋生菓子を取り揃える老舗です。

企業名
有限会社平治煎餅本店
創業
111年
ブランド名
平治煎餅本店
メーカー所在地
京都府
HP
https://heijisenbei.com/
SNS
  • instagram
  • twitter
  • facebook
point

Point

こだわりのポイント

平治煎餅の流れをつぐ煎餅系商品のバリエーションが広がる。

平治煎餅本店は、三重県津市に大門本店と江戸橋店の二店舗を構えるほか、三重県内の駅や大型ショッピングセンターにも商品を卸しており、一部東京都内でも販売を行っています。
節分の時期には縁起物が中に入っている福引き煎餅が人気。また、名前やメッセージが入れられるオリジナル煎餅は、企業の記念品や結婚・出産祝いなどにも人気です。
大門本店には茶房があり、ドリンクのほか、平治煎餅をかぶった「平治くんアイス」も味わうことができます。

約110年の歴史で守ってきた味わいを、今後は海外へ広げたい。

平治煎餅本店は大正2年に、現在の三重県桑名市の煎餅屋で修行した伊藤銀太郎によって創業しました。
津ならではのお土産として、津に昔から伝わる孝子平治の物語に登場する笠をかたどった甘い煎餅「平治煎餅」を売り出し、人気店に。また、「平治最中」も創業当初から続く人気商品です。
長く三重県内で愛されてきた平治煎餅ですが、今後は、日本はもちろん海外への売り出しも検討中。以前にベトナムで商品を披露した際、古来よりベトナムでも日本と同じような笠をかぶっていたということもあり、好評を博しました。アジアを中心に海外進出も視野に入れ、今後も邁進していきます。

Chef, Artisan

シェフ・職人について

販売担当

田村 恭子たむら きょうこ

孝子平治の物語とともに平治煎餅の美味しさを伝え続ける。

子どもの頃から大好きで誇りに思っていた平治煎餅に関わりたくて入社しました。お客様に孝子平治の話、商品の美味しさをお伝えすることをやりがいとし、苦労を感じることもなく毎日楽しく店頭に立っております。お客様からお聞きするお声は製造現場にも伝え、みんなで商品を作っております。平治煎餅の伝統を守りつつ、新たなバリエーションも増やしていけるよう努力を重ねてまいります。

About

大学卒業後、金融機関に勤めたのち、家業である平治煎餅本店へ入社。販売を中心に活躍しつつ、製造現場も経験。自身がお礼のために作ったメッセージ入りのオリジナル煎餅は、定番の人気商品になった。

このメーカーの他の商品

この商品に興味ある人はこんな商品を見ています