和菓子 |末広堂

うす皮まんじゅう

半月たってもやわらかい生地と餡の絶妙なバランス

独特の細長いフォルムのうすかわまんじゅうは、添加物無しで20日間やわらかさを保つ生地とつぶあんとの絶妙なバランスが魅力の和菓子。口に入れると、体にも優しいあんこの控えめな甘さと表面を焼いて黒ごまを添えた生地の香ばしさが広がります。1個食べたら2個目も食べたくなるおいしさを、お茶と合わせてぜひご賞味下さい。

内容量
5個
参考価格
600円
原材料
小豆(国産)、小麦粉、砂糖、水飴、蜂蜜、丸芋ペースト、塩、黒ごま/トレハロース、膨張剤、(一部に小麦・やまいも・ごまを含む)
賞味期限
14日
温度帯
常温

Maker

末広堂

江戸末期慶応三年創業。時代に沿った味覚と上品な甘さの和菓子を古都金沢で作り続ける老舗和菓子屋

background-product-point

Point

こだわりのポイント

昔ながらの素朴なおいしさ、二口三口で食べ切れるかたちへのこだわり

昔ながらの素朴なおいしさ、二口三口で食べ切れるかたちへのこだわり

薄皮饅頭は他店でも珍しくない商品かと思いますが、弊店の金沢兼六園名物「うすかわまんじゅう」は形が細長く、二口三口で食べ切れる形にこだわっています。細長い形状はうすかわの塩梅が難しいのですが当店では手間を惜しまず時代に合わせて甘さを抑えてサイズも小ぶりに作っておりますので、2つ目もつい手が出ると皆様おっしゃいます。

素材選びと配合を追求し、お客様の声を取り入れながら改良し続ける

弊店の「うすかわまんじゅう」の生地は通常3~4日で固くなってしまう饅頭とは異なり、添加物なしで20日ほど出来たてのやわらかさを保ちます。その秘密は、生地の配合にあります。お客様のお声を頂きながら改良を重ね、独自のやわらかさを生み出す配合を見極めるには8年近くかかりました。
「うすかわまんじゅう」には味のバリエーションとして、抹茶・みそ・うす塩などがありますが、いずれも皮と餡のバランスに店主がこだわり、研究を重ねて出来上がった商品です。たとえば、うす皮みそまんじゅうは一見地味に思われるかも知れませんが、白あんに金沢みそとゆずの皮を合わせ、ほのかなゆずの香りが全体のおいしさを引き立てる一品に仕上がりました。
おまんじゅうは洋菓子と比べるとローカロリーで、食物繊維も多く、腹持ちのよいお菓子です。お茶と合わせて一口食べるだけで、ほっと心がゆるんでいく。そんな憩いの時間を世代を問わず楽しんで頂ければと思います。

CONTACTお問い合わせ

月~金 9:00~17:00(土日を除く)

現在

0点

の商品を選択中です

close-icon