和菓子 |柚もなかの港屋

柚もなか

食べれば思わず笑みがこぼれる「柚もなか」

もち粉で作ったふわふわの自家製もなかに、たっぷりの柚子あんが包まれたお菓子。柚子の皮むきから餡、もなかの焼き上げまですべて自家製にこだわりました。溶けるほどのまろやかな食感と、口いっぱいに広がるさわやかな柚子の香りは、手仕事ならではの贅沢な味わいです。ぜひ、老若男女問わず食べやすいお菓子で、笑みがこぼれる幸せなひとときをお楽しみください。

内容量
12個
参考価格
600円
原材料
白餡(白いんげん)(国内製造)、砂糖、もち粉、水飴、ゆず(和歌山県産)、寒天/着色料(クチナシ)
賞味期限
90日
温度帯
常温

Maker

柚もなかの港屋

和歌山県産の素材を活かした菓子づくりが強み。味と歴史を3代で守り続ける老舗和菓子店「港屋」

background-product-point

Point

こだわりのポイント

昔ながらの製法を継いだ濃厚な味わいの柚子餡

昔ながらの製法を継いだ濃厚な味わいの柚子餡

柚子の旬の時期に合わせて大量の仕入れを行い、従業員一同で手作業で皮を剥いています。丁寧に剥いた皮をミンチにし、ほっくり炊き上がった白餡に練り込み完成。手間のかかる製法を守り続けているからこそ、柚子本来の爽やかな味わいと香りをダイレクトに感じていただくことができます。

名産を守り発展させながら、地元・お客様への貢献を目指しています。

包装紙に描かれているゆずの絵は、有名な日本画家である堂本印象画伯に描いていただいたもの。和歌山県では100社以上が柚もなかを製造していますが、白浜菓子組合に属する3社のみが使用権を得ており、この絵が銘菓の印でもあります。

また、現在では「柚もなか」、和歌山県産の南高梅を使った「梅もなか」を展開していますが、今後はさらなるバラエティ展開を検討中。和歌山には美味しい果物をはじめ、備長炭などたくさんの名産品があります。そうした地元の名産品を使って和歌山を盛り上げながら、お客様に美味しさと健康を届けたいと感じています。

このメーカーの他の商品