洋菓子 |スイーツギャラリー北じま

箱館二十間坂ばうむ(木箱)

観光名所・二十間坂をイメージした角型バウムクーヘン

函館のロマンあふれる街並みの一端を担う二十間坂。規則的に並べられた美しい石畳をモチーフに、一層一層丁寧に焼き上げたのが函館銘菓「箱館二十間坂ばうむ」です。箱館という漢字遣いにはハイカラな開港都市の歴史に対する思いをこめました。バターが濃厚にきいた年輪の味わいをぜひコーヒーや紅茶とともにご賞味下さい。

内容量
1本
参考価格
1,000円
原材料
卵(北海道産)、砂糖、小麦粉、バター、蜂蜜、水飴、コーンスターチ、植物油脂、洋酒、メープルシュガー、メープルシロップ/ソルビトール、膨張剤、乳化剤、香料、着色料(カラメル、カロチン)、アルコール、リン酸塩(Na)、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆を含む)
賞味期限
25日
温度帯
常温

Maker

スイーツギャラリー北じま

北海道道南で製パンを手掛ける唯一の企業であり、箱館塩かすてらをはじめとした製菓にも注力する地元密着のメーカー

background-product-point

Point

こだわりのポイント

北海道産の原料を使用し、手焼きで作った角型バウムクーヘン

北海道産の原料を使用し、手焼きで作った角型バウムクーヘン

平たい木枠に生地を薄く流し込み、2時間半かけてきめ細やかに一層ずつ焼き上げたバウムクーヘンは、非常に手間がかかるため1日に作る数が限られているお菓子です。下に行くほど色が濃くグラデーションのように見えるのは、色の薄い上の層が濃厚なバター、茶色い下の層がしっかりとした甘みのメイプルシロップがきいた仕上がりとなっているためです。1つのお菓子でダブルのおいしさをお楽しみ頂ける函館の看板スイーツです。

ギフトに喜ばれる木箱入りと小分けしやすい小箱入り

「箱館二十間坂ばうむ」は、函館の看板スイーツを作ろうという思いで当店が開発した商品ラインナップの1つです。最初はすでに同じ港町として名の知れた横浜カステラからヒントを得て、大胆に塩をきかせた「塩かすてら」を開発。その後、第二弾として開発したのが二十間坂の石畳をモチーフとした角型バウムクーヘンです。明治時代に何度も函館を襲った大火への備えとして整備された坂の道のりをお菓子で表現することで、ティータイムをお楽しみ頂きつつ函館の過去に思いを馳せて頂けたらという願いを込めました。バウムクーヘンの一層を焼き上げるのにかかる時間は5~6分ほど。17層に至るまで時間をかけてじっくりと焼いておりますので、層の重なりが美しく見る人を楽しませます。贈答用に最適な木箱入りの大きめサイズと、カットしたバウムクーヘンにホワイトチョコをかけた小箱入りの2種類をご用意しておりますので、用途に合わせてぜひ使い分けて頂ければ幸いです。

CONTACTお問い合わせ

月~金 9:00~17:00(土日を除く)

現在

0点

の商品を選択中です

close-icon