奥出雲讃菓 松葉屋

島根県

有限会社松葉屋

奥出雲讃菓 松葉屋

親子3代で紡ぐ、幸せな笑顔を生み出す老舗菓子店「奥出雲讃菓 松葉屋」

私たち「松葉屋」は1937年(昭和13年)、創業者がのれん分けによって「横田の松葉屋」を開業させたことにはじまります。以来、「関わる全ての人が幸せになれるような会社へ!」という願いを込めながら和菓子の製造を手がけてきました。全国各地にファンを広げる「噂の生どら」をはじめ、多くの伝統的な和菓子を展開しています。

企業名
有限会社松葉屋
創業
-
ブランド名
奥出雲讃菓 松葉屋
メーカー所在地
島根県
HP
https://okuizumosanka.jp/
SNS
  • facebook
  • twitter
point

Point

こだわりのポイント

甘さほんのり・食べてふんわり!バリエーション豊富な「噂の生どら」も人気

クリームと自家製つぶあんを混ぜた”特製クリーム”をサンドした「生どら」は、およそ20年前に開発したオリジナル商品。ふっくら焼き上げた皮は幾度の改良を重ねて辿り着いた特製レシピによるもので、クリームとの相性は抜群です。小倉・抹茶・珈琲といった定番の味から、いちごやいちじくといった季節限定味も大人気で、現在ではここ奥出雲の地を飛び出して県外の百貨店催事等でもたくさんのニーズを獲得しています。

「松葉屋のお菓子」から会話が生まれる…そんな幸せの場面を想像して

自然豊かで人情の厚い奥出雲の土地で育った私たち。ふるさとの心をお菓子に反映させることで、お召し上がりくださるお客様のすべてにぜひ幸せを感じていただきたいと願っています。味の美味しさを追求するのはもちろんのこと、お菓子そのものにストーリーを与えることが私たちの使命。お茶を飲みながら当社の商品を手に取って会話を弾ませていただく様子を想像しながら、作り手の想いや原材料の味わいをぎゅっと詰め込んでいます。

Chef, Artisan

シェフ・職人について

代表取締役社長 内田 大(うちだ まさる)

代表取締役社長 内田 大(うちだ まさる)

SNSを活用したアプローチにも注力!全国のお客様を元気にするために

私たちが生まれ育った奥出雲は、かつて「たたら製鉄」で栄えた土地。また、古くよりスサノオノミコトが降臨してヤマタノオロチを退治したという伝説の残る場所でもあります。当社でも「天(あめ)のむら雲」「神様がいっパイ」「おろち太鼓」といった、地元ならではのストーリーを感じさせる商品も多数展開。日本古来の風土や文化に根ざした当社のお菓子を、ぜひ大切なご家族やご友人とご賞味ください。

About

▼学校卒業後、約5年間に渡って和洋菓子店で修行
▼1999年、帰郷して家業である「松葉屋」に入る
▼2009年、父に代わって代表取締役社長に就任

この商品に興味ある人はこんな商品を見ています

CONTACTお問い合わせ

月~金 9:00~17:00(土日を除く)

close-icon