工藤菓子店

岩手県

工藤菓子店

工藤菓子店

昭和26年創業。地元の特産品を原材料にしたわらび餅をはじめ、心を込めて日々お菓子作りに励んでいます

工藤菓子店は昭和26年に創業した菓子店です。地元の岩手県西和賀町は、古くから温泉街として知られて来ました。当店はもともと温泉旅館に宿泊で来られたお客様へのお茶請けやお土産用のまんじゅうといった和菓子を製造していました。現在では創業当初から変わらず製造している焼きまんじゅうやわらび餅、せんべいなどの和菓子に加えてプリンやクッキーといった洋菓子も製造・販売しています。

企業名
工藤菓子店
創業
-
ブランド名
工藤菓子店
メーカー所在地
岩手県
HP
https://kudokashiten.jp/index.html
SNS
  • facebook
  • twitter
point

Point

こだわりのポイント

地元産の素材をふんだんに使ったお菓子が自慢です

岩手県西和賀町の特産品「西わらび」から採れる希少なわらびデンプンを原料にしたわらび餅をはじめ、わらびデンプンと牛乳・生クリームをたっぷり使った「わらび粉みるくぷりん」、西和賀町産のそば粉を原料にしたクッキー「西和賀の雪玉「ほろりん」」、岩手県産の山ぶどうをジャムにして柔らかいせんべいで挟んだ「山ぶどうせんべい」など、地元産の素材にこだわったお菓子を製造しています。

個人経営の機動力を活かした“挑戦”と“こだわり”

大きな企業とちがって、家族で働く小さなお菓子屋なので、思い付いたことや新しいことにはすぐチャレンジできるのが強みです。また新商品を開発する際も、自分たちで実際に食べて、心から“美味しい”と思えないと商品にはしません。個人経営ならではの機動力と菓子店としての品質へのこだわりが工藤菓子店の強みです。

Chef, Artisan

シェフ・職人について

工藤 正道(くどう まさみち)

工藤 正道(くどう まさみち)

地元のわらび餅が全国の方に食べていただける充実感

工藤菓子店は祖父から父へと引き継がれ、現在3代目として製造や県外の百貨店などでの催事に参加しています。個人経営の店で、従業員も少なく、いわゆる“なんでも屋”です。店を継いでから、地元の農家さんの協力を得て、2014年よりわらび餅を製造・販売するようになりました。岩手の特産品コンクールで賞をいただいたこのわらび餅は、現在では阪急うめだ本店やジェイアール名古屋タカシマヤの催事でも販売しております。地元の素材を原材料にしたわらび餅を全国のお客様に向けてお届けできることに大きな充実感を抱いています。

About

大学卒業後、企業に就職。その後、2代目である父の体調悪化に伴い店を注ぐことを決意。2005年ごろから菓子製造や販売を担当している。

このメーカーの他の商品

この商品に興味ある人はこんな商品を見ています

CONTACTお問い合わせ

月~金 9:00~17:00(土日を除く)

close-icon