和菓子 |菓匠禄兵衛

金のでっち羊羹

竹の香りに包まれて…地元生まれの伝統製法を受け継ぐ「金のでっち羊羹」

「でっち羊羹」とは竹皮に包んで作られた、ここ近江の地に古くから伝わる銘菓。竹皮による独特の香りが立つ、どこか懐かしい味わいの羊羹です。薄く平たい形状も特徴的で、2~3cm程度にカットして食べるのがおすすめ。総勢7名の職人による手技が光る滋賀の伝統菓子として、手土産や進物といった用途にも好評を博す同社の人気商品です。

内容量
1本
参考価格
300円
原材料
小豆(北海道産)、砂糖、和三盆、水飴、小麦粉、塩/加工澱粉、(一部に小麦を含む)
賞味期限
14日
温度帯
常温

Maker

菓匠禄兵衛

滋賀と聞いて真っ先に思い浮かぶ存在へ…長浜生まれの老舗和菓子店「菓匠禄兵衛」

background-product-point

Point

こだわりのポイント

一般的な羊羹とは一線を画す「金のでっち羊羹」!独特の"むっちり"食感を楽しむ

一般的な羊羹とは一線を画す「金のでっち羊羹」!独特の"むっちり"食感を楽しむ

羊羹と聞くと、黒文字を使えばすぱっと縦に切ることができるように想像するのが一般的。一方で禄兵衛の「金のでっち羊羹」は、むっちりとした厚みと弾力が特長となっています。このむっちり食感の背景にあるのは、通常のように素材を練り上げるのみならず”蒸して”作る独特の製法。旧来の羊羹のイメージをガラリと変えるような新しい食感に出会っていただけること間違いなしの一品となっています。

90年超の歴史とともに、昔懐かしい素朴な味わいを受け継いでいます

創業当時から禄兵衛に伝わる「でっち羊羹」の製法。今回ご紹介する「金のでっち羊羹」は旧来品の「でっち羊羹」に徳島県産の和三盆糖を使用した特別商品として生まれたものですが、3年前より旧来品は販売を取りやめ、すべてを「金のでっち羊羹」へとモデルチェンジしています。そんな「金のでっち羊羹」は全解凍して食べていただくことを推奨しているそうですが、お客様の中には半解凍に留めることでひんやりとした味わいを楽しむという方もいらっしゃるとのこと。大正14年に始まった禄兵衛の歴史を感じながら、是非昔懐かしい甘さと食感をお楽しみください。

CONTACTお問い合わせ

月~金 9:00~17:00(土日を除く)

現在

0点

の商品を選択中です

close-icon